はんこを手彫り


はんこを購入する場合には、手彫りの物がよいと希望する人も多くなっています。近年は機械加工によって彫られることが多くなっているのですが、なぜならそれほど高い技術を身に付けなくても、正確で早くはんこを作ることができるからです。そんな中でも手彫りのはんこにこだわっている人も多くなっています。以前は手彫りと言いながら、機械を使って加工を行っていたことが発覚し、問題になったことがありました。なぜなら明確な定義がなかったからです。

そこで大きく分けて3種類のはんこに分けられたのですが、1つ目は先ほども触れたように、簡単に量産が可能な機械彫りです。最初から最後まで機械を使って作られたはんこになります。2つ目は手仕上げという方法です。最初の荒彫りを機械で行い、最後の仕上げを職人が手作業で行って作られたはんこになります。そして3つ目が最初から最後まで職人が手作業で行った手彫りです。職人の腕によって良し悪しが大きく出てしまうため、何年も修行してからでなければ商品になりません。

そんな手彫りのはんこが現在では人気となっているのです。昔は全て手彫りで行っていたのですが、機械が導入されて簡単に作れるようになったものの、最初から最後まで一流の職人が作ったはんこというのは、手作りの味が出ています。寸分違わぬ同じ物はできないので、実印や銀行員に用いると安全です。当サイトでは手彫りをしたはんこのよさと、なぜ人気が出てきたのかについて解説させていただいています。